「プロモ未来ラボ」研究員ブログ

「プロモ未来ラボ」では、所属研究員たちが「気になる」・「知りたい」・
「注目している」ことを自ら取材・体験し、レポートしていきます。

「プロモ未来ラボ」研究員のご紹介

私たちが「今、気になる」モノ・コト・情報をお届けします。

  • ひらりー

    ひらりー

    こんにちは!埼玉の片田舎からやってきました、ひらりーです。好きなことはおいしいものを食べること、音楽、絵、着物を着て出かけること、惰眠を貪ることなど。運動音痴ゆえ、スポーツは観戦専門です。普段は気に留めることはないけれど、知ったらちょっと楽しい気持ちになれるような情報がお届けできればと思います。よろしくお願いします。

  • カオリ

    カオリ

    こんにちは。私は化粧品やインテリア、映画、海外旅行が好きな多趣味OLです。そのせいで休日はあまりゆっくりできず、気が付いたら外出しています。唯一くつろげる時間は、帰宅後に犬2匹と戯れている時間。彼らのモフモフに顔をうずめるのが至福の瞬間です。このブログを通じて、皆さんにワクワクする情報をお届けできるよう、トレンドを日々追いかけて参ります。

まんまる苔玉

2020年8月24日

 丈夫で非常に育てやすいといわれるサボテンさえ枯らしたことがある私は、観葉植物を育てる自信をすっかり失っていました。しかし、リモートワークの導入で家事がスムーズになった今ならちゃんと育てられるかもしれないと、ついに我が家へ迎えることに。

 それが、丸いフォルムがなんとも魅力的な「苔玉(こけだま)」です。伝統的な盆栽の手法を応用したもので、植物の根を土と苔で丸く包み、鉢なしで販売されています。網で天井から吊るすもよし、皿や焼き物に乗せるもよし。飾り方で印象もガラッと変えることができ、ひとつで色んなバリエーションを楽しめます。和・洋どちらのテイストにも合うので、和室のインテリアや街中のお洒落なカフェでも最近人気が高いそう。

 盆栽は手入れが難しそうなイメージですが、苔玉のメンテナンスはとても簡単で、1日1回、桶に貯めた水にじゃぶんと浸けるだけ(冬は1週間に1回)。取り出して絞る際、苔が手にフィットする感覚がたまらないんです。紐でしっかりと縛られているため、形が崩れる心配もありません。毎日苔に触れていると、苔の状態や小さな変化にも気づけるようになり、だんだんと愛おしく思えてきます。

 店舗によって苔玉を作るワークショップなども開催されているので、自分で作るとさらに愛着が湧くこと間違いなしです。よかったら皆さんのお家にも、まあるい癒しをプラスしてみませんか。

「プロモ未来ラボ」研究員:カオリ

近所の道をアトラクションに。散歩ビンゴ

2020年8月7日

 遠くへの外出自粛が続く中、SNSを見ていた際、最近のおすすめの過ごし方として「散歩ビンゴ」をしているという投稿を見つけました。紙にマス目を書き、その中に車やポストなどといった、散歩の途中で見つけられそうなものを、文字や絵で記してビンゴカードを作ります。あとはそのカードをもって散歩に出かけ、見つけたものがあればチェックをしていく、というものです。単純ではありますが、ただ散歩をするよりもわくわく感が増したり、普段なんとなく歩いている道の中に小さな発見があったりと、散歩中の楽しみを増やしてくれまするのだそう。また、絵をかいたり、モノを作ったりするのが好きな人であれば、ビンゴカードを作ること自体も楽しめそう。ちょっとした工夫で自ら生活に楽しみを増やすということは、自粛ムードで感じる窮屈感を和らげるのに効果的と感じます。

 ちなみに、自分でカードを作るのは面倒だという人には、株式会社サン・アドが手掛ける文具ブランドのブンケンから、既にビンゴカードの形になっている『おさんぽBINGO』というものが販売されてもいますので、そちらを活用してみるのもいいかもしれません。

「プロモ未来ラボ」研究員:ひらりー

だしプレッソで本格アレンジ

2020年7月3日

 「やいづ善八」から発売された、だし素材からエスプレッソのように抽出された液体だし“だしプレッソ”。コロナの自粛期間に外食が減り、家でも本格料理を楽しみたいと思っていたとき、この商品に出会いました。

フルーツと相性抜群?!日本酒の新しい楽しみ方

2020年6月2日

 外出自粛が続く中、オンライン飲み会や家族団らんのお供にと、自宅でお酒を飲む機会が増えました。せっかくなので、お酒の新しい飲み方を開拓してみようと思ったときに出会ったのが『ぽんしゅグリア』。日本酒をサングリアにして楽しめるという商品です。

新たなカードゲームに挑戦

2020年5月8日

 家で過ごす時間が長くなっている方も多いと思いますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 私は、フォローしているインスタグラマーの方が最近どハマりしている、『XENO (ゼノ)』というゲームを始めてみました。オリエンタルラジオ・中田さん考案の新しいカードゲームです。2014年にドイツゲーム大賞で日本人初の入賞を果たした『ラブレター』というゲームを元に、オリジナルの世界観とルールでアレンジされています。

 『XENO』は2~4名対戦で、各カードが持つそれぞれの効果によって相手を脱落させていきます。脱落しなかった場合は、最後に手元に残ったカードの数字が一番大きかった人が勝ちとなります。毎ターン2枚から1枚を手元に残すという究極の2択に迫られる為、始めから終わりまでハラハラが止まりません。カードは計18枚と少なく数分でさくっと勝敗が決まるので、何度もおかわりしてしまう程ハマってしまいました。

 頭脳戦に運も加わり、大人でも十分楽しめる爽快なゲームですので、気になる方はぜひ家族や友人と対戦してみてください。

「プロモ未来ラボ」研究員:カオリ